座長・演者の皆さまへ

発表者は学会会員に限ります。未入会の方は事前に入会をお願いいたします。
学会当日、日本渡航医学会年会費・新入会受付(1F コミュニティプラザ)においても入会受付をいたします。

進行情報

セッション 発表 質疑応答 総合討論
特別講演 40分
共催シンポジウム 15分 20分
シンポジウム1 15分 20分
シンポジウム2 17分 3分 10分
シンポジウム3 12分 30分
シンポジウム4(1) 3分 2分 20分
シンポジウム4(2) 14分 2分
シンポジウム4(3) 14分 2分
シンポジウム4(4, 5) 14分 2分
ミニシンポジウム1 14分 30分
ミニシンポジウム2 20分 30分
Meet the Experts 30分
マルコ・ポーロ医学賞受賞者講演 15分
一般演題 7分 3分
  • ・発表終了1分前に黄色ランプ、終了・超過時には赤色ランプを点灯してお知らせします。
    円滑な進行のため、時間厳守でお願いします。
  • ・演台上には、モニター・キーボード・マウスおよびレーザーポインターを用意いたします。
    演台に上がると最初のスライドが表示されますので、その後の操作は各自で行ってください。

座長の皆さまへ

  • 1.ご担当のセッション開始10分前までに、会場内前方の「次座長席」にお着きください。
  • 2.セッションの進行は座長に一任いたしますが、終了時刻は厳守してください。

演者の皆さまへ

1.PC 発表データの受付

1) 受付時間: 7月21日(土)9:00 ~ 17:30
7月22日(日)8:00 ~ 13:30
2) 受付場所: 1F コミュニティプラザ
  • ・学会当日に発表データの受付を行います。セッション開始60分前までに、上記PC受付
    にて、データ受付と映像出力のチェックを完了してください。
  • ・発表会場へは、ご自身の発表開始20分前までにお越しください。
  • 3) ノートPC をお持ち込みの場合、ご自身で発表会場内のPCオペレーションデスク(演台横)にお持ちください。発表終了後、ノートパソコンは発表会場内のPCオペレーションデスク(演台横)にてご返却いたします。

2.発表方法

  • 1) 口演発表はすべてPC発表(PowerPoint・1 面映写)のみといたします。
  • 2) スライド枚数に制限はありませんが、発表時間内に終了するようご配慮ください。
  • 3) 発表中は、演台に置かれたモニターを見ながら、ご自身でマウス・キーボードを操作して
    画面を進めてください。

3.PC発表用データ作成上のお願い

データは以下の要領で作成してください。

1)利用可能なPC

 Windows の場合: ノートPCの持ち込み、またはUSBストレージもしくはCD-Rでの
データ持ち込みによる発表が可能です。
 Macintosh の場合: 必ずご自身のノートPCをお持ち込みください。

2)演題発表時の利益相反(COI)開示について

  • ・日本渡航医学会「利益相反に関する指針」に従い、演題発表時に利益相反状態の開示が必要となります。スライド2枚目に利益相反(COI)状態を記載し必ず開示してください。
  • ・スライドサンプルは、下記日本渡航医学会よりダウンロード可能です。
    日本渡航医学会(利益相反委員会)<http://jstah.umin.jp/00COI/index.html

COI状態がある時

COI状態がない時

3)動画・音声の利用について

  • ・口演会場では、動画・音声出力が可能です。
  • ・動画を含む発表用データを持参される方は、Windows Media Playerの初期状態に含まれるコーデックで動作する形式でご用意ください。
    ※動画を使用する場合、リンク切れにご注意ください。
  • ・データをメディアにコピーした後、作成したPC以外のPCで動作確認することによりチェックできます。
    ※動画がある場合はご自身のPCのお持ち込みを推奨します。

4)メディアデータをお持ち込みされる場合(Windowsのみ)

  • ・OS:Windows環境で作成ください。
  • ・画面のサイズは4:3のXGA(1024 × 768)です。
  • ・データ容量は最大で1G程度にしてください。
  • ・データの総量制限は特に設けませんが、決められた時間内に発表が終了するよう作成ください。
  • ・フォントは文字化け・レイアウト崩れを防ぐため、OS標準のもので作成ください。
    (例) MSゴシック,MSPゴシック,MS明朝,MSP明朝
      Arial,Century,Century Gothic,Times New Roman
  • ・発表データは、PowerPoint 2003 / 2007 / 2010 / 2013 で作成ください。
    ※PowerPoint2016は対応しておりません
    ※PowerPointの「発表者ツール」は使用できません。
  • ・発表データは、「演題番号+ご自身のお名前」をつけたフォルダの中に保存してください。
  • ・発表者用原稿が必要な方は各自ご準備ください。
  • ・メディアの形式はUSBストレージのみ受付けます。USBストレージに記録しご持参ください。
  • ・メディアをお持ち込みになる際は、最新のウイルス駆除ソフトでチェックをしてください。
  • ・データの受付・返却:USBストレージでのデータ持ち込みの場合、PC受付ではデータのみをダウンロードし、メディアはその場でご返却いたします。
  • ・患者名などの個人情報の取り扱いにご注意ください。
  • ・作成に使用されたPC以外での動作チェックを事前に行ってください。
  • ・万が一に備え、バックアップデータを必ずお持ちください。
  • ・お預かりしたデータは、会期終了後、事務局にて責任をもって消去します。

5)ノートPC本体持ち込みによる発表の場合

  • ・外部出力ができるノートPCをご持参ください。
  • ・Macintoshで作成したものと動画を含む場合は、必ずご自身のPC本体をお持ち込みください。
  • ・万が一に備え、バックアップデータを必ずお持ちください。
  • ・動画データを使用する場合、リンク切れにご注意ください。
  • ・動画データは、Windows Media Playerの初期状態に含まれるコーデックで再生可能であるものに限定いたします。
  • ・会場で用意するPCケーブルコネクタの形状は、D-SUB mini15pin(下図参照)です。
    この出力端子を持つPCをご用意いただくか、この形状に変換するコネクタを必要とする場合には必ずご持参ください
  • ・デジタル出力(HDMI)の出力端子しかないPCはHDMI ⇒ D-SUB の変換アダプターも必要です。ACアダプター(電源コード)もお忘れなくお持ちください。ACアダプターがない場合、受付いたしかねる場合もありますのでご了承ください。
  • ・再起動をすることがありますので、パスワード入力は “不要” に設定してください。
  • ・スクリーンセーバーならびに省電力設定は事前に解除しておいてください。
  • ・ノートPC持ち込みの場合、PC受付にて試写確認後、各自で口演会場に移動してください。
    口演会場では、発表30分までに会場内前方のPC発表オペレータ席にノートPCをお持ちください。
  • ・発表終了後、直ちにPC発表オペレータ席でご自身のPCをお引取りください。

会場準備のコネクター 会場準備のコネクター

第22回日本渡航医学会学術集会