AGA治療とヒゲ脱毛を同時進行した方がいい理由とは?僕がおすすめする最善プラン

「ミノキシジルタブレットを飲んだら、ヒゲが濃くなった!」
そんな経験をしたことはありませんか?

ミノキシジルタブレットのようなミノキシジルの内服薬は身体の内側から作用するので、頭皮も含め全身の毛を生やしてしてしまう多毛症の副作用が出るのです。
とくに多毛症が出やすいとされるのがヒゲです。

頭は薄いのに、ヒゲが濃い…。むしろ薄毛が強調されるようで、なんとも迷惑な副作用です。
そんな苦い経験がある人は「ヒゲ脱毛ってどうなのかな?」と、一度は考えたことがあるはず。

「ミノキシジルでAGA治療をしつつ、ヒゲが濃くなるのは避けたい…」
そんなあなたには、AGA治療をヒゲ脱毛を同時進行するのがおすすめ

ただし、同時進行するにあたってデメリットもあります。
そこで今回は、AGA治療とヒゲ脱毛を同時にするメリットとデメリットを詳しく説明していきます。

脱毛すればAGA治療中でもヒゲは薄くなる!同時にするメリット

AGA治療 ヒゲ脱毛 メリット
僕がおすすめするのは、AGA治療とヒゲ脱毛を同時進行でやってしまうこと。

なぜならAGA治療で濃くなったヒゲも、ヒゲ脱毛をすることで薄くすることは可能だからです。

AGA治療をしているからといって何もヒゲ対策をしないと、ヒゲは濃くなったまま。
しかしヒゲ脱毛すれば、最低でもプラスマイナスゼロにできます。

僕がネットで口コミを調べた感じだと、プラスマイナスゼロになったという人よりも、むしろヒゲは生えるものの薄くなっているという人が多い印象でした。

ヒゲ脱毛しながらAGA治療を進めていき、髪の毛が十分に生えた後にヒゲ脱毛するのがいいでしょう。

髪の毛が十分に生え揃っているならミノキシジルの内服薬は避けよう

ヒゲが濃くならないように配慮しつつAGAを治療するのであれば、AGA治療薬の種類も重要です。

AGA治療薬は大きく分けて2種類あります。
ミノキシジルのような髪の毛を生やす薬と、プロペシアやザガーロのような抜け毛を抑制する薬です。

ミノキシジルは髪の毛だけでなく全身の毛に作用するため、ヒゲや体毛を濃くしてしまいます。
しかし抜け毛を止めるのが主な働きのプロペシアやザガーロは、ヒゲや体毛に影響をもたらしません。

ミノキシジルを服用してある程度髪の毛が生え揃ってきたら、プロペシアやザガーロに切り替えて、髪の毛を現状維持させることにシフトするといいでしょう。

(ミノキシジルタブレットについて詳しく知りたい人はコチラをどうぞ。)

フラッシュ脱毛する脱毛サロンではなくレーザー脱毛ができるメンズクリニックを選ぼう!

脱毛は大きく分けるとフラッシュ脱毛とレーザー脱毛があって、AGA治療と相性がいいのはレーザー治療です。

レーザー脱毛に使われるのは、医療に用いられるような出力の高いレーザー。
強いレーザーを当てることにより毛を生やす細胞を破壊できるため、脱毛効果が高いという特徴があります。
ヒゲを生やす細胞そのものを破壊するので、ミノキシジルを服用しても毛が生えにくいのです。

一方、主に脱毛サロンで行なわれるフラッシュ脱毛は機械の出力が弱く、毛を生やす細胞にはダメージを与えることしかできません。
毛を生やす細胞はまだ生きているので、またヒゲが生えてきてしまうというわけです。

AGA治療中に脱毛をするなら、レーザー脱毛を選びましょう。

またメンズクリニックの中には、AGAとヒゲ脱毛どちらも専門としているクリニックもあります。
(ゴリラクリニックや、湘南美容クリニックなど)
そういったメンズクリニックを選択すれば、AGA治療とヒゲ脱毛についての相談や、薬を変えるタイミングなども相談しやすいかと思います。

AGA治療とヒゲ脱毛をする前に知っておきたいデメリット

AGA治療 ヒゲ脱毛 デメリット
AGA治療とヒゲ脱毛を一緒にしても問題はありませんが、同時にすることで生まれるデメリットもあります。

【同時にするデメリット】
1、脱毛完了に時間がかかることで費用が高くなる
2、脱毛時に痛みが強くなる可能性がある

1、脱毛の効果が薄れるので時間や費用がかかる

一般的に、脱毛はあらかじめ回数を決めたうえで行ないます。
しかしAGA治療を同時に行なうことで脱毛の効果が薄れ、予定よりも回数がかかり脱毛が完了するまでに時間がかかってしまう可能性があるのです。

予定よりも多くの回数が必要となると、残念ながらその分費用もかかります。

そのため通常の脱毛よりも、費用が高くなるというデメリットが発生します。

2、脱毛時に痛みが強くなる可能性がある

脱毛に使用するレーザーは黒い色素に反応して、熱に変わるという仕組みです。

そのためヒゲが濃い場所や毛が密集している箇所は、レーザーが強く反応して痛みを感じやすくなります。

ミノキシジルの服用によってヒゲが濃くなったり、多く生えたりすると痛みのリスクが高くなるというわけです。

とはいえ、痛みを感じやすい人は麻酔を使用してレーザーを照射することも可能です。
追加で麻酔料金がかかってしまいますが、痛いのはどうしても避けたいという人は麻酔を使うと安心できますね。

リアルな声を集めてみた!AGA治療とヒゲ脱毛を同時進行している人の口コミ

AGA治療 ヒゲ脱毛 口コミ
ネットで検索してみると、AGA治療とヒゲ脱毛を同時に行なっている人が多く見受けられました。
やはり、AGA治療をしているみなさんヒゲに悩まされているようですね。

では実際にAGA治療とヒゲ脱毛を同時にしている人の口コミを見ていきましょう。

30代後半 AGA治療歴:3ヶ月
ヒゲ脱毛してやっと青ヒゲ脱出できた~!
ミノキシジルでヒゲが濃くなって、キレイに剃っても青くなるのがイヤだったんだよね。
ヒゲが濃くなる一方ならミノキシジル飲むの止めなきゃいけないかなーって思ってたけど、なんとかヒゲが濃くなるのは止められたかな。
髪の毛生やすのはやっぱミノキシジルに限るから、飲むのを止めずに済んでよかった。

40代前半 AGA治療歴:8ヶ月

今日は8回目のヒゲ脱毛。
ミノキシジルタブレットを飲んでから濃くなったヒゲも、今では産毛のようです。
頭皮もかなり透けにくくなってきたし、良い感じです。
費用はかかるけど脱毛さえできれば、ミノキシジルタブレットでの薄毛治療に怖いものなし。

濃くなったヒゲを完全に生えなくするのは難しいようですが、脱毛することによって濃くなるのを止められているようですね。

またカミソリで剃毛すると、ヒゲが残った箇所が青くなるといった口コミもありました。
剃毛だけではヒゲの濃さはカバーしにくいのかもしれません。

口コミを見ても、ヒゲ脱毛するのがやはり最善策のように感じました。

脱毛はイヤ。でもヒゲも生やしたくない…それなら外用薬に変えるのもアリ

ヒゲ脱毛したくない
基本的にはAGA治療でヒゲが濃くなったのが気になるなら脱毛がおすすめです。
しかし、費用がかかる・痛みが強くなるなどのデメリットがあるため、脱毛はできないと判断してしまう人もいるでしょう。

そんな人はミノキシジルの内服薬(飲み薬)ではなく、外用薬(塗り薬)に変えるのもアリだと思います。

外用薬であれば塗った箇所にしか作用しないため、頭皮以外で毛が生えたり濃くなったりする心配はありません。

ただし内服薬の方が発毛・育毛効果が高いので、外用薬によるAGA治療は根気強さと時間が必要です。
ミノキシジルの外用薬と一緒に、プロペシアもしくはザガーロを併用するといいでしょう。

髪を増やしつつヒゲを薄くすることは可能!

AGA治療 ヒゲ脱毛 おすすめ
ミノキシジルを飲んでAGA治療をするとヒゲが濃くなるのは、ミノキシジルの作用上どうしようも無いことです。
しかし、ヒゲが濃くならないように自分で対処はできます。

実際にAGA治療とヒゲ脱毛を同時にしている人の口コミや僕の体験を踏まえると、ヒゲ脱毛しつつAGA治療を進めるのがベストと言えそうです。
そしてある程度髪の毛が生えたら、AGA治療薬をプロペシアかザガーロに変える
これが僕のおすすめするAGA治療薬とヒゲ脱毛の最善策です。

ヒゲが濃くなったことでAGA治療を諦めるのはもったいない。
AGA治療をするのと同時にヒゲ脱毛をうまく活用して、フサフサとつるつるどちらも手に入れましょう。

タイトルとURLをコピーしました